海上自衛隊の「秘」情報がWinnyで流出の件 なぜ,ウイルスに感染するのか

海上自衛隊の「秘」情報がWinnyで流出
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/02/23/10993.html
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060223i404.htm
だそうな

ウイルス対策ソフトを入れているから 絶対ウイルスにはかからないと
思っていたらしい。
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20060228nt0c.htm

なぜ,ウイルスに感染するのか:

ウイルス対策ソフトは,ウイルスが見つかってから対策データを作成し配布するので,100%安全とはいえない。

ウイルスパターンというのがある。これは定期的に更新しなければならない。
じゃ,どうやって作られているかというと・・・。

まず,誰かが感染or発見し,ウイルス対策ソフトの会社に報告する。
ウイルス対策ソフトの会社はこれを受け取ると,既存のウイルスではないかどうか判別し新種のウイルスならば,対策データ開発を作成し,ウイルス対策データを更新する。ウイルス対策データのテストを行い,その後対策データを配布開始する。そのため,実際にユーザがウイルスパターンをアップデートするまで,ウイルス対策ソフトは新種のウイルスに対応できない。

そのため新種ウイルスが発生してから,少しの期間はその新種ウイルスの対策が行われないのだ!!


これは,その「少しの期間」に感染したと思われる。(推測だが・・・)
もしくは,ウイルス対策ソフトが正しく機能していない可能性もある。



ついでに言うと,航空自衛隊のも同じもれていた らしい。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060301i301.htm?from=main3



陸上自衛隊の内部資料、2002年11月に「Winny」で流出
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/04/30/2987.html
・・・すでに自衛隊では,Winnyによる情報流出が発生していた。

3年以上も前だ。。。

そのため,指導も徹底していたので,危険性は認識していたそうだ。
が・・・Winny は使い続けていたということです・・・。

というか,陸海空の自衛隊でWinnyがはやっているんですな。

便利なので やめられないんでしょうねぇ・・・。


ちなみに原因は,Winnyを経由して感染するウイルス「Antinny」:
http://internet.watch.impress.co.jp/static/index/2004/04/09/antinny.htm

P.S.:
私はWinnyは使っていないです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月16日 14:19
Winny個人情報流出まとめ のサイトへのリンク
2006年05月16日 14:27
Shareといわれるソフトでも、同じように情報流出が発生した。まぁ、流出する仕組みはほぼ同じだが・・・。

この記事へのトラックバック