C++のプログラムをソースリストのまま実行(インタプリタ)する方法

C++のプログラムを実行するには,通常,コンパイル&リンクをしなければならない。

しかし,世の中には,C++をソースリストのまま実行するソフトを作っている人たちがいる。

CINTというものだ。
http://root.cern.ch/root/Cint.html

これは,C言語やC++で書かれたプログラムをインタプリタ方式で実行してしまう
とんでもないソフトウエアだ。

C++の学習やプログラムの動作確認などを行いたいときに,
わざわざコンパイルなどをして実行可能ファイルを作って実行するほどの
ことではないときに利用するとよいだろう。

しかも,Windows環境で,拡張子 c や cpp cxx等にCINTをうまく関連付けをしてやれば,
ソースファイルのアイコンをダブルクリックしただけでC++のプログラムを
実行できてしまう!!。

興味がある方はお試しあれ。
http://root.cern.ch/root/Cint.html
からダウンロードできます。

※Windows環境だとコンパイル済みのものがダウンロードできます。
しかし,実際に実行するにはソースリストの方もダウンロードして
一緒にする必要があります。

Binary package for Windows-NT/95/98/2000 (1.2MB) (download the source package too).

これだけじゃなくて↓もダウンロードしなければなりません。
Source package for all platforms (1.3MB) (with auto-compile scripts for most of the platforms)
こちらの方から,includeとstlのフォルダだけを上書きコピーすれば,実行可能な
環境になります。

全部コピーすると上手く動きません・・・


上手く出来ると以下の様なプログラムa.cppで保存すると,コマンドブロンプトから
cint a.cpp
で即実行が出来ます!!

//- a.cpp -----------
#include <windows.h>
#include <iostream>

using namespace std;

int main(int ac, char ** av)
{
    cout << "コンソールアプリだけじゃなく" << endl;
    MessageBox(NULL, "Windowsアプリケーションまで作成できます!!", "CINTテスト", MB_OK);

    return 0;
}



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック