Google Maps APIをつかってみる

Google ローカル (Google Maps) ってのがある
世界中の地図とその場所の衛星写真を表示できるサービス。

http://maps.google.co.jp/


この地図は参照するだけじゃなくて,google以外の場所の任意のHPで
使うことが出来る。しかも用途を自分である程度決めて使えてしまう。


そのためには,Google Maps APIを使わないといけない。
たま,URLの登録が必要。
http://www.google.com/apis/maps/
で登録をすれば,すぐに使えるみたい。(googleのIDも登録が必要)

私は,とりあえず
http://www2s.biglobe.ne.jp/~satosi/gmap/
で登録してみた。

で,作った機能としては,
JR京都駅前にマーカーをつけるのと,
現在表示している地図の緯度経度を表示するプログラムにした。


さて,Google Maps APIの使い方なんだけど,マニュアルが英語(--;
http://maps.google.com/apis/maps/documentation/
まぁ,何とか読めるがとりあえず和訳を探すと,あった
http://jsgt.org/ajax/newmon/GoogleMapsAPI.htm

ふむふむ。
これらを使うには基本的にJavaScriptの文法を知らないといけない。

JavaScriptとJavaは全然違うものなのだが,
このGoogle Maps APIはJavaScriptを使うというよりかは,
Javaの使い方に近い。
アッドイベントリスナーとか toString()とかは,ほとんどJavaだ。

JavaのGUIプログラミングの勉強をしている人じゃないと
分かりにくい部分があるかも。

サンプルプログラムをコピーして動きを理解していけば,上記の
ことが分からなくても結構出来るみたい。


IEでは,いくつか加工しないとだめっぽい

<script src="~" type="text/javascript" charset="utf-8"
というのを追加して,
functionにまとめておいて,onloadで呼び出すといける

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック