次世代自動車用エンジンの環境性能

そりゃ,電気モーターでしょう・・・・。いやいや,そうともいえない。

エネルギーというのは,総合的に考えないといけない。

エネルギーの原料は何か? また,原料エネルギーから回転エネルギーに変換するのに,必要なエネルギーやロス,CO2 排出量や有害物質の排出量が,もっともすくなくなるのが,理想。

たとえば,電気自動車だと,動力用の電気を火力発電でまかなうなら,CO2排出量は多い。また,電池という資源が必須。電池を作るのに,どれだけの環境負荷があるのかや,電池自体に寿命があるので寿命が尽きた電池の処理,具体的には廃棄処分やリサイクルに必要なエネルギーはどれぐらいなのか?だ。

これは,燃料電池の方式をとれば,いくぶんかましになるだろう。
下の方に追加説明あり。

これが悪いと,電気自動車=とってもエコロジーという図式は成り立たなくなる。

ということの理想を言えば「太陽電池」で走行だろう。環境負荷はきわめて小さい。必要なのは,太陽の光が当たることだ。しかし,太陽電池のエネルギー変換効率の問題や,そもそも太陽の光がないところでは,代用手段を考えないといけない。ハイブリットカーじゃないと成り立たないだろう・・・。


他にも私が知っている限りでは,以下の様なものがある。


バイオディーゼルエンジン
 よく燃えてかつ,霧状に噴射できる液体だったら何でも燃料になるらしい。燃料の精製方法や,排気ガスのクリーン化によっては,非常に環境負荷が少ない。

圧縮空気エンジン
 圧縮空気でエンジンを動かす。しかし,圧縮空気自体の作成がかなりエネルギーが必要で,エネルギー全体で考えると,あまりエコロジーじゃないみたい。

可変圧縮エンジン
 現在のエンジンのままで進化できるのがあるとしたら,これかな。まぁ,ガソリンを使わなくなったら,これを使うことは無いだろうが・・・。

オートメカニック 2006年 6月号
What's New ニューモデルメカニズム
日産自動車の先行開発メカニズム
http://www.naigai-p.co.jp/automechanic/whats_new/new_mecha.html#nissan_kahen
より


燃料電池自動車
すでに,走り出している。一応販売されている。
TOYOTA FCHV http://www.toyota.co.jp/jp/tech/environment/fchv/
HONDA FCX http://www.honda.co.jp/FCX/
どちらも,水素を燃料に発電してモーターで走行する。
現状では水素ステーション(水素を補給できるガソスタ)がすくないので,
走行できる範囲が狭い。


これが,環境に対して,もっとも理想?
いやいや,もっとすごいのがある。
水素ロータリーエンジンだ。


どこがすごいかって?
1. 燃料電池自動車よりも,コストが圧倒的に安い
2. 既存のガソリンエンジンとしても機能する
3. 大型のバッテリー(キャパシタ・コンデンサ・蓄電)を積んでいない。

燃料電池自動車に比べて,普及しやすい要素だ。
しかも,水素燃料時に出すのは燃料電池とおなじ水だけだ!!


水素ガスのロータリーエンジン
 ロータリーエンジンといえば,現在は,マツダしか作っていない。開発が難しく,多くの企業が手を引いていった。しかも,昔はガソリンをばかみたいに食う環境にめっちゃ悪いエンジンだった。しかし,今日,ロータリーエンジンは真反対の環境にめっちゃ良いエンジンだ。

 水素を燃料にしているので,排気は水しだけだ。
 また,ロータリーエンジンは水素を燃料にして走るのに都合の良いエンジンだそうな。

 水素ガスを燃料にするマツダの水素ロータリーエンジン。!おそらく総合的な,環境負荷は電気自動車を越えるだろう。しかも,ガソリンでも走行できる。また,既存のロータリーのパーツが使える燃料電池よりもコストが圧倒的に安い。
そのうえ,今年から,関連企業や広島県や広島市に納入している。

http://www.mazda.co.jp/publicity/release/200603/0323b.html
http://www.mazda.co.jp/publicity/release/200604/0421.html

なんと すでに走っているそうだ。


参考:
BMWもV型12気筒の水素とガソリンのエンジンを作っています。
http://www.clubciao.com/k_info/try/bmw02/core.html


ただし,水素をどうやって作るのかだ。そのために,CO2を大量に出してしまっては,トータルの環境負荷は大きくなってしまう。
燃料電池自動車や,水素エンジンはこの問題を解決しなければならない。



あー,もっと詳しそうな記事がありました:
今月の環境 様
「クリーンカーで攻勢 ヨーロッパメーカー」
http://mntrav.cocolog-nifty.com/kankyo/2006/03/post_c25a.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック