SX125R の走り方(ギアチェンジタイミング)

オフロード車は,普通はタコメータが付いていない。
(YAMAHA DTシリーズは付いているが・・・・)

SX125Rは4st 125cc 単気筒で,なぜか高回転型なのだ。

基本的なパワーがそんなになく,まわさないと加速しにくく,タコメータがないので,どこまでまわしてよいか分からない。まわしすぎでエンジンが壊れてもいやなので,控えめにまわしてしまう。

そこで,サービスマニュアルについていたエンジン性能曲線をもとに,車体速度と現在のギアとエンジン出力の目安を表にまとめた。

エンジンのコンディションにもよるが,これを覚えればタコメータなしでも最適なギア比を選ぶことができる(はず)。


    0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 70 75 80 85 90 95 100 105 110 115 120
1                                    
2                              
3                          
4                        
5                    
6                

○と● 燃費走行 2,000rpm~5,000rpm
■ 標準・加速開始走行 5,000rpm~8,000rpm
★ 最大トルク 8,000rpm前後
◆ フルパワー走行 8,000rpm~9,500rpm
◇ パワー最高出力後のパワー落ち込み・悪燃費 9,500rpm~10,000rpm
▲ レッドゾーン・レブリミット 10,000rpm


それと,スピードメーターをタコメータとしてみる場合は以下の図を使う。
※赤い点線(レッドゾーン開始)よりも少し手前でシフトアップするほうが速い。

画像
水色が最大トルク 8,000rpm
赤点線がレッドゾーン開始 10,000rpm
最高出力は,水色と赤い点線の中間あたり 9,500rpm

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック