WinXPのIMEの設定画面が出ない対策

WindowsXPのIME 漢字変換のプロパティ(設定)を出すことができずに,

「shell.dll,Control_RunDLL input.dllの実行中に、例外が発生しました。」
というメッセージがでて設定できない時の対策。

これは,Windowsアップデートと,IME 2003 との相性が悪いかららしい。


対策例:
(2005年度福岡大学学部推奨NotePC IMEエラーの回避法のページ)
http://www.comm.fukuoka-u.ac.jp/News/imeerror.html

内容の要約:
Microsoft Office 2003の追加と削除の設定で,「修復」を行うという内容。



マイクロソフトの対策ページ:
※レジストリエディタを使うので システムを壊す可能性があるので注意して作業すること!!!
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;887852

内容の要約:
レジストリエディタを使って,
HEKY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Protected Strage System Providerのアクセス許可をサブフォルダも合わせて変更。使っているユーザに全ての許可をサブ項目を含めて有効にして,サブ項目を全て削除してから,再起動する。

レジストリファイルを要バックアップ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック