Word の「音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました」の対策

マイクロソフトワードは,色々自動でやってくれるのだが,そのうちの多くは,「余計なお世話」なことが多い。つーか,すげんげーストレスになるっつーの。

そのなかでも,私をもっとも驚かせたのがこの件だ。

・Word 2002 の場合
 録音された音声認識入力や、修正候補のようなデータなしで文書が保存されました。

・Word 2003 の場合
 文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました。録音していないときは、必ずマイクをオフにし、ディスクで利用できる記憶域を確認してください。


はぁ? 誰が勝手に音声を保存するような文章を作成しとるんやと。

もし,100人が初めてこれメッセージを見たら,一体何人がこの意味を理解できるのだろうか?

一人もおらんだろう。

しかも,文章作成中にいきなり表示されたり,保存したら,毎回これが表示される。解除方法も全然分からん。

多くの人が気が狂いそうになるぞ。これは。

対策ページはこちら:
http://support.microsoft.com/kb/881872/ja

対処方法を要約すると:
 ワードのメニューの「ツール(T)」-「オプション(O)...」を選び,オプションのプロパティーの「保存」の中の,右の上から4つめあたりの「言語データを埋め込む(U)」のチェックボックスをはずして「OK」を押せば完了!。


この「言語データ」ってのが,マイクから録音した音声を保存するものらしい。
これが悪さしているって見ただけじゃ分からない。


どうもこの言語データを埋め込む設定が標準で有効になっているらしい。

さて,ここで,さっきの100人に聞いてみたい。この言語データを音声で埋め込む機能を必要としている人が一体何人居るのかと? 50人以上いれば,これは標準で有効になっているべきかもしれない。私は10人以下だと思う。

技術的に簡単だからといって,必要ないものを追加するのは良くない。しかもこの場合は,保存するごとに,警告メッセージが出てくるので,最悪である。



しかも,埋め込みたくなければ 「マイクのスイッチを切ってください。」だって。どうやって切るねんw。

 私は,コンピュータのソフトウエア・ハードウエアとオーディオ機器には多少なりとも詳しい。
マイクのスイッチが切れるのは,そこそこ高機能なマイクじゃないと,ソフトウエア的にもハードウエア的にも切れない。

だいたい,パソコンについているマイクに,スイッチが切れるようなものはなかなかない!

つーか,ノートパソコンの内蔵マイクならば切ることは無理なものもあるぞw


参考:
ソフトウエア的にマイクを切るには,ボリュームコントロールなどから,録音のプロパティを表示しなければならない。


画像
ボリュームコントロールの「オプション(P)」から「プロパティ(R」を選ぶ


画像
「音量の調整」の「録音(R)」を選びOKを押す。
このとき,下の表示するコントロールに「マイク」のチェックを入れておくこと。


画像
ここで,マイク以外を選ぶ。ただし,ミキサーを選ぶをマイク入力も入ってしまうので,それ以外を選ぶ。そして,選んだものの音量を0にしておく。


これをすれば,とりあえずマイクを切ることができる。

ポイント:
音の再生のボリュームと録音のボリュームは別々になっています。
※スピーカーから聞こえる音が録音対象ではないということです。録音のボリューム設定で選択されているものが,録音対象となります。


要するに,面倒だ。

この記事へのコメント

zoot清水
2006年10月21日 16:08
初めまして。zootと申します。
貴記事のお蔭様で、本日「Word音声勝手に保存トライ&NG問題」ようやくすっきりとしました御礼を申し上げたく。
今まで気づく度に何とか止めたく「音声」「保存」等で検索しても、MS大本営様の便利さを謳うアホ記事ばかりで~勿論「ヘルプ」なんぞ何の役にもたたず、気持ち悪い思いをしていたところです。
本当に有難うございます。
きんぎょ
2007年02月18日 03:37
ありがとう!まさかと思いつつ マイクを切る方法で検索 やっと すっきり! 家族の誰かがマイクを使った後 切っていないのかとか あらぬ疑いを持っていました。家族円満サンク!
2007年03月09日 14:36
はじめまして。ほしとおかと申します。
MSのヘルプはまったく役にたたず、困り果ててたところに、こちらの記事にたどり着きました。
本当にありがとうございました!
みっく
2007年04月02日 20:27
はじめまして。 お怒りごもっとも。
ずっと、エラーメッセージで困っていて マイクをミュートしても状態が変わらないでいました。
このページを見つけて救われました。
ありがとうございました。
エムエム
2007年04月10日 23:49
はじめまして。
まったくもって、おっしゃる通りでございます。
これでやっとスッキリできます。
本当にありがとうございました!!
2007年06月10日 22:58
毎度毎度保存するときに出てきたエラー・・・
一体マイクって何なんだ~?!って思ってました。今日やっとスッキリ!!このページにこられてホント良かったです。ありがとうございました!
ぁーちゃ
2007年06月14日 18:51
めっちゃ助かりました!!
ありがとうございました!
2008年02月03日 12:53
おかげさまですんなり問題が解決しました。ありがとうございました。
不親切なMSに対するつっこみ、とても共感です。
ししし
2008年06月26日 13:43
ありがとうございました。
おさりゅ
2008年08月20日 15:05
ありがとうございます。
久々にワードを使っていたら自動保存の度に
例のメッセージが出て煩わしくネットで検索した
ところココへたどり着きました。
おかげさまでメッセージは出てこなくなり
ました。ほとんどの方が使用されない機能だと
言うことに激しく賛成です!
カッパ
2008年09月03日 13:52
以前より不親切な親切に辟易していましたが、
本記事により解決しました。
ありがとうございました。
どんどんどん
2008年11月26日 00:53
はじめまして
ほんまに さとーしさんの言うとおりです。
それにしても ワードにしろvistaにしろ マイクロソフトは使う人のこと考えなさすぎ!!。
kei
2009年01月13日 23:35
はじめまして!!
卒論追い込みの時期になり
wordの余計なお世話にほとほと困っていました。
これで,気が散ることなく卒論に励めます。
本当にありがとうございました。
プーサン
2009年02月08日 20:14
はじめまして
ほんとうにありがとうございました。
この警告が出る度に痩せる?思いをしていました。
kopeneko
2009年03月10日 14:41
同じような問題で、ヤフー検索からここにたどり着きました。
ツールなどは目を通しましたが、「言語データ」がそれに該当するとは思わなかったですね。
gangan
2009年04月19日 22:37
皆さんと同じ思いです。やっとのこと、クリアになり心のそこからほっとしています。
うふふ
2009年05月19日 09:52
助かりましたー!ありがとうございまms。
ななし
2009年08月10日 14:07
サンクスです
ワードは嫌いだ!
2009年09月30日 18:15
MSの押し売り機能の数々、ありがた迷惑です。
特にWordは最悪!
でも、お陰様で一つ意味不明なエラーを解消でき助かりました。感謝!!
こんな機能いらんわね
2009年10月26日 22:42
みんな同じことで悩んでたんですね。
本当にスッキリしました。
ありがとうございます。
名無し
2011年02月16日 22:11
はじめまして.このたびは毎回見かけるwordのマイク問題が,お陰さまでようやく解決に至りました.ありがとうございました
元ニート
2011年03月29日 21:41
たすかりました!ありがとうございました。
sato
2011年08月29日 20:34
はじめまして、そして、ありがとうございます!
文章仕事なので、ワードは必須。でも、ほんとうに、余計なお世話が多い、というより多すぎ!
●それが「ほしい」から設定する のではなく、
●それが「いらない!」から設定する なんて!
ワードの設計者さんに言いたいのは、あなた頭が逆ですよってこと。
最後に、もう一度、最大の感謝っ!!!!
ぴー
2011年10月18日 10:41
ありがとうございます。ヘルプでぜんぜん解決せず「音声認識機能も使ってないのにどうやってありもしないマイクをOFFに?」と思って検索かけたら、やっぱし答えを知ってる方が!
前の席の人にも教えてあげられます。助かったぁ~。
めろ
2012年07月10日 15:50
助かりました!
ありがとうございます。
佐藤
2014年01月28日 12:42
ヘルプをさまよってもさっぱり解決方法がわからず、毎回すごくストレスになっていました。すごく助かりました。ありがとうございました!

この記事へのトラックバック

  • 音声認識データを保存する十分な空き領域がない

    Excerpt: ワード(word2003)を使っていると、「文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な領域がないため、データは失われました。録音していないときは、必ずマイクをオフにし、ディスクで利用できる.. Weblog: WEBシステム開発 技術的備忘録(通称 技忘録) racked: 2008-07-15 18:06