究極のビジュアルプログラミング言語 なのか

究極のビジュアルプログラミング言語

誰でもすごいプログラミング

だそうな。

http://labolib1.aecl.ntt.co.jp/contents/S008.html

(NTT先端技術総合研究所より)

上のアドレスより引用すると・・・。(というか全文引用?やりすぎ??)


どういう技術か?
・設計者の意図を越えた拡張
・柔軟なソフトウェアの構築原理
・プログラミングを誰にでも簡単に

何が特徴か?
・初心者と上級者とで同じ枠組み
・柔軟なデータ構造
・連続的な拡張性

何に使えるか?
・ユーザ自身でアプリケーションを拡張できる
・設計者が予想できない拡張を可能とする
・プログラマブルGUIの基本原理


従来手法のオブジェクト指向プログラミングと比較して書いてある。

真ん中にデータの海があって,その海はシステムの全状態を表現。
周りには複数のプロセスがあり,その海を書き換えて計算している。

計算の断面が見えなかったのが見えるようになるそうだ。


説明はこれで全て・・・。
短すぎないか???
それもとわざと短くして分からないようにしているのか・・・。

というか,このページへのリンクは正しく張られていない(^^;

http://labolib1.aecl.ntt.co.jp/sci_com.html
からいけるみたいなのだが,このページへ移動しようとすると代わりに
アイカメラを用いた人とエージェントの視線コミュニケーション
http://labolib1.aecl.ntt.co.jp/contents/S011.html
へ飛んでしまう(^^;

リンクがおかしい(汗


他にも色々面白そうなものがあるが,リンク先がおかしいのが多々ある・・・。

NTT先端技術総合研究所 研究成果ライブラリー:
http://labolib1.aecl.ntt.co.jp/

著作権:
Copyright(c)1999-2005 日本電信電話株式会社

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック