イラストレータの入っていない環境でイラストレータのファイル(AI形式)を開く方法

出版とかのやり取りで結構よく使われるイラストレータのファイル

しかし,使っているパソコンにイラストレータが入っていないと開くことができない。

普通は・・・。

実はイラストレータの入っていない環境でもイラストレータのファイル(AI形式)を開く方法がある。


PDFを読むためのソフト AdobeReader(アドビリーダー)だ。
(昔はアドビアクロバットリーダーだった)

アドビリーダーはPDFを読むソフトなのだが,実はイラストレータのファイルを読む機能もそなわっている。印刷も一応できるが,完璧ではないので,急ぎの確認用だ。

方法。
まず,Adobe Readerを起動します。
ウインドウが開いたら開きたいAIファイルをドラッグ&ドロップで,Adobe Readerのウインドウにもってきます。
そうすると,平然とAIファイルを開いてくれます。

※メニューのファイルから開く場合は,ファイルの種類を 全てにしてやらないと,AIファイルを選択できません


さらに,製品のアドビアクロバットがあれば,編集もできます!!

おそらく,PDFを読み取るエンジンとイラストレータのAIファイルを読み込むエンジンはほとんど同じなのだろう。


おまけ:
eps形式を見るには,ワードかエクセルかパワーポイントがあればできる。

これらのソフトで,ファイルを新規作成し,図をファイルから挿入を使う
メニューの「挿入(I)」 から 「図(P)」の中に「ファイルから(F)」を選ぶと,eps形式のファイルも選ぶことができる。

eps以外にさまざまな画像をこれで見ることができる。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック