Linux系OSでログインやbashターミナルを開いたときに常に以前開いていた状態を戻す

Linux系OSでログインやbashターミナルを開いたときに常に以前開いていた状態を戻す方法。

screen というコマンドがある。
screen で起動。
ターミナルなどを強制的に閉じる。
再度接続して戻るときは,screen -R とすれば戻れる。

ないときは,
apt-get install screen
などで入れれる。

でこれの自動化。

bashログインなら(最近は普通bashログインです)

vi ~/.bash_profile

の最後に以下の3行を追加

if [ "$TERM" != "screen" ]; then
screen -R
fi

これで,ログインやbashターミナルを開いたときに常に以前開いていた状態を自動的にもどせれる。
telentやSSHのリモート接続で便利に使える。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック