最近はMacとWindowsを混ぜた様な環境(Ubuntu 8.04)

よくあるUbuntuをMac風にするものとWindows VISTA風にするのをまぜて少しカスタマイズしてみた。

ウインドウはWindows風で,デスクトップがMac風のごちゃまぜ環境の出来上がり。
ちなみにこれらはUSBメモリブートの環境で必要容量3GBでも余裕で出来る。実用にするなら8GB以上からかな。私はUSBメモリへの書き込み回数を減らすカスタマイズをしている。

この環境で作業していると これが Linux であることを忘れてしまう(^^;。

画像


画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック