Ubuntu で tmpfs の容量設定

Ubuntu で tmpfs の容量設定

tmpfs は RAMディスク。最大容量のデフォルトは実メモリの半分。
実メモリから必要な分だけ確保してくれるが,実メモリで足りなくなると スワップするそうな。
http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060217/1140176470

あー,やっぱり制限したい。


/etc/fstabに
以下の様に書くと /tmp を64MBのRAMディスクとして設定できるらしい。
tmpfs /tmp tmpfs defaults,size=64m 0 0



探し方:(Ubuntuに限らす一般的なLinuxの調べ方。)

とりあえず,システムまわりの設定とか
cd /etc/init.d

mount とつ起動スクリプトファイルを探す
ls | grep mount

お。それっぽいファイル mount dev sub fs ってマウント デバイス サブ ファイルシステム。
mountdevsubfs.sh
を発見。

less mountdevsubfs.sh
で みると


TMPFS_SIZE=
[ -f /etc/default/tmpfs ] && . /etc/default/tmpfs

の表記をを発見。

/etc/default/tmpfs
に書いてあるらしい。

さっそく見る。
less /etc/default/tmpfs


SHM_SIZE=
で設定。デフォルトで空欄。空欄だと実メモリの半分が割り当てられます。

あれ,これってどっかでみた様な。。。
ネット調べると・・・。あった。しかも自分の記事だ。
http://sato-si.at.webry.info/200711/article_1.html
つーか,Ubuntu は Debian系なので 同じだった。というか,自分で書いたことすら忘れてた。
細かい部分は違うけどほとんど同じだ。

というか,限度を実メモリの4分の1とか設定できないのかな?

"Ubuntu で tmpfs の容量設定" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント